その夢はいつやるんですか?

その夢はいつやるんですか?

作者:和田 清華, 出版社:ゴマブックス, 出版日期:2005-05-01

定價 331 元, 最低 331 元起... 文教堂 完整列出比價資訊...

商品條碼:9784777101436, ISBN:4777101436
分類標籤:Subjects » Books » Reference » History » Professional & Technical

 

內容簡介

その夢はいつやるんですか?
すべてのユメアル人へ

この本は、行動力をつけるための本です。
始める勇気と、継続する力をつけるための考え方の工夫が書かれています。
ものごとを実現させるためには、まず自分が動かなければ始まらない。
夢があっても、なくても、それは同じです。
でも、なかなか行動に移せなくてとまどうことはないでしょうか。
勇気がなかったり、やる気が出なかったり、続かなかったり。
そんな人は、行動に関するちょっとしたコツを学べば、自分を動かすことが簡単になります。
自分で道を切り開く意思や前向きに事を解決しようとする姿勢があると、どんな壁が前をさえぎったとしても、自分自身のバランスを失わないようです。
そして何より、思い切って始めてみると、気持いい。
失敗を恐れて動き出さない人よりも、動いてみて失敗した人の方が、はるかに得るものが大きいからです。
さあ、あなたは、いつ、動き始めますか?
その夢は、いつやるんですか?

【目次】
1 始めの一歩を踏み出してみませんか?
―行動力のある自分ができるまで
―大きな人間になろうと決意した
―一冊の本との出会い
―かけ出しの編集者時代
―人に会いに行き、人から学ぶ
―「私、出版社作りたいんです」
―会社名は「私には夢がある」
―「いつか」と先延ばしにしない
2 何か始めるときの恐怖を、乗り越えるために
― アクションは、最大の防御
― 恐怖でこわばる気持ちを乗り越えるコツ
― 想像力が豊かだから怖くなる
― 「超えられないもの」が目の前にあったら
― 大きな抵抗があるから、高く飛べる
― まずは動き出してみよう
― できる小さなことから始めよう
― 怖いのは、本気だから
― 不安でもやってみたいと思ったら
― 怖いままやろう
― 少しずつハードルを上げよう
3 始めの一歩を踏み出すために
― ウォーミングアップ
― 判断基準を変えてみよう
― 反対されてもやりたかったら
― できないことに執着しない
― 謙虚になるのは、実力がついてから
― ちょっとくらい不器用でも、自分に正直に
― 若いころの自信は、勇気
― 今の気持ちを忘れないために、行動しよう
― 頑張った自分を認めてあげよう
― 直感は、自分のリスクで、ススメ、の合図
― 打席に立ったら、思いっきりバットを振る!
― やったら、分かる
― 手を抜くほうが疲れる
― 手を抜かない自分と戦おう
4 続けることが辛くなったら
― 砂時計のように仕事を片付けよう
― 「はかどる日」に思いっきりリードしておこう
― 同じように続く毎日を区切って
― マイペースにコツコツ進んでオッケー
― 方法論なんてない
― 失敗した悔しさは、バネになる
― 「やろうかな」と思えば「できる」
― 涙の出ない仕事はしない
― やるかどうかを決めるのは自分
― もっと自分を評価して
― 完壁主義にならないで
5 やってよかったと思えるために
― 「頼まれごとは試されごと」
― チャンスは、何気ない会話の中に
― クレジットレベルを上げよう
― 今の自分のベストが出せたら
― 強いってことは、泣かないことじゃない
― 誰かのために何かしたいという気持ちが沸いたら
― 目をそらさないこと。逃げないこと
― 目標までの過程を楽しんでみよう
6 やらなかった、と後悔しないために
― 後で決める勇気を持って
― 腹を据えよう
― 自分が燃え尽きればいい
― 変わるとは、考え方の幅が広がること
― いつもドキドキしていよう
― 自分に負荷をかけよう
― 心の筋力は、ゆっくりとついてくる
― 可能性は無限。だけど人生は一回きり
― ペースダウンしても、レベルは落とさないで
― 成功する人は努力する人
― 持ってるボールは、全部投げきろう
― 流れに乗ってみよう
― 夢を更新していくこと
エピローグ
― 夢に向かって、歩き始める
商品簡介由 文教堂 所提供

相關書籍