おとなの叱り方

おとなの叱り方

作者:和田アキ子, 和田 アキ子, 出版社:PHP研究所, 出版日期:2008-01-16

定價 193 元, 最低 193 元起... 文教堂 完整列出比價資訊...

商品條碼:9784569696256, ISBN:4569696252
分類標籤:Subjects » Books » Reference » History » Stores

 

內容簡介

おとなの叱り方
ちょっと叱っただけで、すぐ落ち込む、ふてくされる、逆恨みして陰口を叩く若者たち。
逆ギレされるのがイヤで親も上司も見て見ぬふり。
世の中から“怖い人”が消えて“いい人”ばかりになった。
叱られないからマナーを知らない、ルールも守らない、きちんと謝ることさえできない。
それは自分にとって損なのだと、みずから生き方の手本を見せるのが、おとなの愛情なのではないか。
芸能生活40年、人を愛するがゆえに歯に衣着せぬ発言を続ける著者が、いまこそ伝えたい声を出すことの大切さ、人がついてくる叱り方の極意。

第1章その人のために叱ってあげたい大切なこと(挨拶できないヤツを叱る!;だらしない服装を叱る!;食事のマナーを叱る!;公衆マナーの悪いヤツを叱る!;ビジネスのマナー違反を叱る!)
第2章「親になる資格がない」おとなを叱る(“親のなり方”にマニュアルはない;子どもは親のオモチャじゃない;“できちゃった婚”反対!;親が生き方の手本を見せろ;威厳のない父親をもった子は不幸;結婚するなら“よき母親”となる覚悟を)
第3章「自分らしさ」を広げる生き方(世の中、なめんなよ!;言葉を知ろう、本を読もう!;五感をフル活用しよう;その道のプロになれ;助けてあげたいと思わせる女性になろう;いつまでも謙虚であれ)
第4章好かれる叱り方、かわいがられる叱られ方(「叱る」と「怒る」は違う;人がついてくる叱り方;「叱る」ことと体罰;和田流「叱り」の極意;かわいがられる叱られ方;愛される謝り方)
エピローグ自分で自分を叱れる人でありたい
落ち込む、不貞腐れる、逆ギレする、逆恨みする……。そんな若者たちが怖くて叱れないおとなたち。いま必要な部下指導のあり方とは何か?
そのひと言がなぜ言えないの?
新入社員の「理想の上司」10年連続ベスト10入りの秘訣を伝授。
ちょっと叱っただけで、すぐ落ち込む、ふてくされる、逆恨みして陰口を叩く若者たち。逆ギレされるのがイヤで親も上司も見て見ぬふり。世の中から“怖い人”が消えて“いい人”ばかりになった。叱られないからマナーを知らない、ルールも守らない、きちんと謝ることさえできない。それは自分にとって損なのだと、みずから生き方の手本を見せるのが、おとなの愛情なのではないか。
芸能生活40年、人を愛するがゆえに歯に衣着せぬ発言を続ける著者が、いまこそ伝えたい声を出すことの大切さ、人がついてくる叱り方の極意。
商品簡介由 紀伊國屋書店 KINOKUNIYA 所提供

相關書籍