人と会うのが嫌になったら読む本

人と会うのが嫌になったら読む本

作者:鴨下 一郎, 出版社:PHP研究所, 出版日期:2005-09-01

商品條碼:9784569664439, ISBN:4569664431
分類標籤:Subjects » Books » Reference » History » Stores

 

內容簡介

人と会うのが嫌になったら読む本
もし、あなたが人と会うのが嫌になってしまったら―それは「心の風邪」を引いた証拠です。
あまり深刻に考えずに、まずはこの本を開いてみてください。
本書は、「『人と会わないデー』をつくってみよう」「気持ちよく笑われる人になろう」など、疲れた心を軽くして、今まで人間関係に悩んでいた生き方・考え方を変える95のヒントが詰まっています。
「また、人と会いたい!」という気持ちが起こる本。

そのままの自分で、ぼちぼちいこう(人と会うのが苦手な人は、やさしさが裏目に出ている;「なぁなぁ」ではなく、「おおらか」に人と会おうほか)
会いたい人を見つけよう、会いたくなる人を探してみよう(ひとりでいたいときは、ひとりぼっちに徹しよう;人と会わなくても、気持ちのやりとりはできるほか)
うまくいかないときは、立ち止まればいい(スランプになったら、どう過ごすか;人と会いたくないのは、気持ちの風邪ほか)
ときには、開き直ることも大切です(疲れているときほど、人との関係はごちゃごちゃする;ずるずるいくな!めりはりは健康の元ほか)
人と会いたい気持ちがよみがえる(早期発見のための、心のカルテづくりをしよう;鳴かずんばそれもよろしいホトトギスほか)
人と会いたい!という気持ちがよみがえる本。

人と会うのが嫌になるのは、心が疲れている証拠。あなたの心のコリを解きほぐし、「また人に会いたい!」という気持ちがよみがえる本。

人と会うのが嫌になってしまったら、あなたはどうしますか?

▼性格がやさしく、「相手の気持ち」を大切にする人ほど、気を遣いすぎて、人と会うのが億劫になりがちです。

▼例えば、自分の態度が相手を不愉快にさせなかったか?次回も快く会ってくれるか?自分に直すべき点はなかったか?――いろいろ悩みます。そして最後には、人間関係を煩わしく思うあまり、人と会うのが嫌になってしまう。

▼もしそうなっても、あまり深刻に考えないで下さい。それは「心の風邪」をひいた証拠なのです。

▼本書は、「人と会うのが苦手な人は、やさしさが裏目に出ている」「『人と会わないデー』をつくってみよう」「気持ちよく笑われる人になろう」「深刻な問題ほど、実はどうでもいいことだ」「人生を楽しむことは、あなたの義務です」など、今まで人間関係に悩んでいた生き方・考え方を変える95のヒントが詰まっています。「また、人と会いたい!」という感情が甦る本。

●そのままの自分で、ぼちぼちいこう
●会いたい人を見つけよう、会いたくなる人を探してみよう
●うまくいかないときは、立ち止まればいい
●ときには、開き直ることも大切です
●人と会いたい気持ちがよみがえる
商品簡介由 紀伊國屋書店 KINOKUNIYA 所提供

相關書籍