個人か集団か? 変わる労働と法

個人か集団か? 変わる労働と法

作者:水町勇一郎, 出版社:Keiso Shobo, 出版日期:2006-10-10

商品條碼:9784326450800, ISBN:4326450800
分類標籤:Subjects » Books » Reference » History »

 

內容簡介

個人か集団か? 変わる労働と法
新しい労働社会のよって立つ基盤はどうあるべきか?複数の学問分野、外国法、日本の現状からその答えを果敢に問う。

第1章総論(法学からの考祭―労働法学の新しい潮流;政治哲学からの考祭―中間集団と社会的なものの再編;歴史からの考祭―日本労働史における「集団」への注目;法と経済学からの考察―労働関係における「分権」と「集団」の経済分析)
第2章比較法(フランス;ドイツ;イギリス;アメリカ)
第3章日本(日本法;日本企業の実態)
世界的変容を遂げている労働関係の新たな法システムの柱を探り出し、その理論的検証を行う。それとともに、日本の歴史や実態をも考慮に入れた法システムのあり方を提示する。

2つの仮説(1.決定レベルでの分権的な交渉重視、2.決定のプロセスでの集団的な交渉重視、多数者の決定のみならず少数者の意見をも重視)を軸として、3つを柱(複数の学問分野、比較法、日本企業の実態)とする分析考察を行って仮説を検証する。

はじめに──本書の趣旨と要約

第1章総論
第1節法学からの考察──労働法学の新しい潮流
第2節政治哲学からの考察──中間集団と社会的なものの再編
第3節歴史からの考察──日本労働史における「集団」への注目
第4節法と経済学からの考察──労働関係における「分権」と「集団」の経済分析

第2章比較法
第1節フランス
第2節ドイツ
第3節イギリス
第4節アメリカ

第3章日本
第1節日本法
第2節日本企業の実態

むすび──まとめと新たな法システム

事項索引

商品簡介由 紀伊國屋書店 KINOKUNIYA 所提供

相關書籍