明治の探偵小説日本推理作家協会賞受56

明治の探偵小説日本推理作家協会賞受56

作者:伊藤 秀雄, 出版社:双葉社, 出版日期:2002-02-01

定價 260 元, 最低 260 元起... 文教堂 完整列出比價資訊...

商品條碼:9784575658552, ISBN:4575658553
分類標籤:Subjects » Books » Reference » History » Professional & Technical

 

內容簡介

明治の探偵小説日本推理作家協会賞受56
ポーの「モルグ街の殺人」(1841)に始まったミステリーが、明治になってようやく日本にも移入される。
だが、当時数多く書かれた創作や翻訳は、いつしか歴史のなかに埋もれてしまった。
それらを実見し、明治の探偵小説の全貌を初めて明らかにした待望の研究書。

序説―黒岩涙香から横溝正史まで
第1部日本探偵小説事始(涙香以前―成島柳北、神田孝平、三遊亭円朝;黒岩涙香の活躍;探偵小説論―黒岩涙香、内田魯庵、島村抱月)
第2部花ひらく明治ミステリー(森田思軒と春のや朧;涙香につづく人々―丸亭素人、快楽亭ブラック、南陽外史;探偵実話の流行;硯友社の「探偵小説退治」;創作探偵小説の展開―半井桃水、尾崎紅葉、多田省軒;押川春浪と武侠冒険小説)
第3部翻訳小説篇(涙香以後の翻訳―徳冨蘆花、柳圃散史、原抱一庵;乱歩の先駆者―菊池幽芳、暁風山人、羽化仙史;怪盗ルパンとソーンダイク博士;『新青年』創刊まで)
商品簡介由 紀伊國屋書店 KINOKUNIYA 所提供

相關書籍