マルチメディア通信工学

マルチメディア通信工学

作者:村上 伸一, 出版社:東京電機大学出版局, 出版日期:2002-09-01

定價 718 元, 最低 718 元起... 文教堂 完整列出比價資訊...

商品條碼:9784501535209, ISBN:4501535202
分類標籤:Custom Stores » Stores » » ジャンル別 » By Publishers

 

內容簡介

マルチメディア通信工学
マルチメディア通信を構成しているシステムや技術について十分に理解している人は、必ずしも多くないと思われる。
そこで、本書ではマルチメディア通信に興味を持つ人、これから携わろうと考えている人を対象に、これからの社会活動を支える基本技術であるマルチメディア通信技術について、その基礎から応用までを平易に解説した。

第1章諸論
第2章画像の扱い
第3章テレビジョン
第4章画像の符号化
第5章画像符号化の国際標準
第6章映像通信
第7章ビデオテックスとテレライティング
第8章ファクシミリ
第9章音響通信
第10章データ通信とインターネット
第11章モバイル通信
第12章情報通信とセキュリティ
「マルチメディア通信」なる語が使われるようになって20年近くになる。それまでの音声電話を中心とした通信から、ファクシミリや映像と言ったいわゆる「ニューメディア通信」が登場し、人間の直感に訴える分かり易い通信に期待が寄せられた。その後、光ファィバーの本格的導入、インターネットの普及、携帯電話の普及に伴って、音声や文字、映像を用いたいわゆるマルチメディア通信がオフィスだけでなく、個人や家庭においても使われるようになってきている。
事実、日本におけるインターネットの普及率は平成13年3月末で37%を超え、現在三分の一以上の国民がインターネットを利用する状況になっている。この数値は今後益々高くなるものと思われ、マルチメディア通信はこれからの社会活動の必須の基盤となっている。
しかし、このマルチメディア通信を構成しているシステムや技術について十分に理解している人は必ずしも多くないと思われる。そこで、本稿ではマルチメディア通信に興味を持つ人、これから携わろうと考えている人を対象に、これからの社会を支える技術であるマルチメディア通信技術についてその技術を基礎から平易に解説した。マルチメディア通信に関する技術は文字通り大変範囲が広く、そのすべてについて詳細には触れ得なかったが、マルチメディア技術への入門書として活用して頂ければ幸いに思います。
なお、本書は前版の「画像通信工学」を大幅に増補、改訂したもので、理工学系大学における教科書としての利用にも配慮した。

平成14年5月
著者記す

第1章緒論
1.1マルチメディア通信とは
1.2マルチメディア通信の形態
1.3マルチメディアと画像
参考文献
第2章画像の扱い
2.1光の表現法
2.2色の表現法
2.3画像のディジタル化
参考文献
第3章テレビジョン
3.1テレビジョンの原理
3.2テレビジョンカメラ
3.3テレビジョン表示装置
参考文献
第4章画像の符号化
4.1画像符号化方式の概要
4.2予測符号化法
4.3変換符号化法の基礎
4.4直交変換符号化法
4.5ベクトル量子化法
4.6帯域分割符号化法とウェーブレット符号化法
4.7知的符号化
参考文献
第5章画像符号化の国際標準
5.1静止画像の符号化
5.2動画像の符号化
参考文献
第6章映像通信
6.1テレビ電話
6.2テレビ会議
6.3テレビジョン放送
6.4その他の放送方式
6.5映像監視
参考文献
第7章ビデオテックスとテレライティング
7.1ビデオテックス
7.2テレライティング
参考文献
第8章ファクシミリ
8.1ファクシミリの概要
8.2ファクシミリの原理
8.3ファクシミリの機器構成
8.4ファクシミリの伝送方式
8.5ファクシミリの符号化法
8.6ファクシミリの国際標準化
8.7ファクシミリサービス
参考文献
第9章音響通信
9.1音響の基礎
9.2音響の処理
9.3音響サービス
9.4音響通信の実現形態
参考文献
第10章データ通信とインターネット
10.1データ通信
10.2インターネット
参考文献
第11章モバイル通信
11.1モバイル通信の概要
11.2モバイル通信サービス
11.3その他のモバイル通信技術
参考文献
第12章情報通信とセキュリティ
12.1セキュリティの意義と種類
12.2認証技術
12.3暗号化技術
12.4情報秘匿技術
12.5セキュリティ技術の利用分野
参考文献
さくいん


商品簡介由 紀伊國屋書店 KINOKUNIYA 所提供