蹴る群れ

蹴る群れ

作者:木村 元彦, 出版社:Kodansha, 出版日期:2007-02-16

定價 442 元, 最低 442 元起... 文教堂 完整列出比價資訊...

商品條碼:9784062137676, ISBN:4062137674
分類標籤:Subjects » Books » Reference » History » Professional & Technical

 

內容簡介

蹴る群れ
時代に抗い、闘うサッカー選手たちを描いた衝撃のルポルタージュ。

第1部歴史から蹴りだせ(イラク代表随行記―ホームは遙か1000キロ、イラクの夢;イルハン・マンスズ―ドイツのトルコ移民;ルディ・バタ―アルバニア恐怖政治からの疾走ほか)
第2部日本サッカー稗史(小幡忠義―東北サッカーの逆襲;溝畑宏―劇的官主導、“県庁さん”が社長に;リンダ・メダレンとその時代―世界最強リーグが存在したほか)
第3部守護神を見ろ(土田尚史と田北雄気―俺を使え!アイアムレッズ;ハンス・チルコフスキ―ドイツの記憶。1億1回目の質問;トミスラヴ・イヴコビッチ―ユーゴ最後の代表キーパーほか)
世界20数ヵ国、7年間の取材の結晶!時代に抗い、闘うサッカー選手たちを描いた衝撃のルポルタージュ!
ベストセラー『オシムの言葉』の原点

第1部歴史から蹴りだせ
イラク代表随行記――ホームは遥か1000キロ、イラクの夢
イワン・ハシェック――ビロード革命と14個のサッカーボール
デヤン・サビチェビッチ――連邦か、独立か。迫られたドリブラー 他
第2部日本サッカー稗史
小幡忠義――東北サッカーの逆襲
金 明植――在日朝鮮サッカーの源流、枝川をゆく 他
第3部守護神を見ろ
土田尚史と田北雄気――俺を使え!アイ アム レッズ
ハンス・フォンク――南アフリカで白人がキーパーをするということ 他
商品簡介由 紀伊國屋書店 KINOKUNIYA 所提供

相關書籍